スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちーす

♪おひさしぶーりぃね

( ノ゚Д゚)ルミ子ーっ



・・掛け声もキマッた所で思い出したように更新。


今月数えてみたら3回しか撞いてませんでした(ノ´∀`*)テヘッ

まぁそういう時もあるさ。な?(誰に)


調子どう?と聞かれて常に「停滞中です」と答えてる気がしますが、まぁ停滞中です。

その中でもちょっとした光明がっ(゚Д゚ )


えー、ぶっちゃけ、私今までイレイチ君で、ネキはさほどまじめに考えて撞いてませんでした。

「んまぁだいたいここら辺に来たら良いんだけどね、まぁ無理にはね、」てな感じで。

そんなんで続く訳がない。取り切れる訳がないんですよ。


正直、撞く前に色々色々考えるのってメンドクサいです(´-ω-`)

メンドクサいんですが、考えて撞いて、その通りに手玉を運べた時の喜びは予想外です。予想外でした。


練習では玉のサイズに切りぬいた丸い紙を用意して、常に的玉を入れた後手玉を運びたい位置にそれを置きます。

なかなか載りません。ちょこんと手玉が紙におすわりしてくれるのは確率10%ってとこです(´・ω・`)

しかも重要なのは、まず的玉がちゃんとポケットに入る事。イレてなんぼの大原則は変わりません。


でも何回も何回も同じ配置で練習していると、力加減、撞点にも依りますが、だいたいのパターン、手玉の進むコースがわかってきます。

例えば4つ取り切るとして、それぞれに繋げる為にどう撞いてどこに手玉を持って行けば楽か。

この何種類もあるパターンを覚えていく事がビリヤードの経験になるわけです。経験値です。スライム倒して2の経験値と1Gです。


ぼんやり「手玉ここに来たらいいなー」とアバウトに撞くのと、考えて考えて「ここに持ってくるぜ」と頑張るのとでは段違いです。例え失敗しても、「ああ、ここに来るのか」と学習できます。

ネキネキと言葉はよく聞きますし知ってますが、それに真面目に取り組もうとようやく思えるようになりました。

考えるメンドクサさ<考えて達成できた時の楽しさ となったのが、最近の収穫です。

********************
<ボーラードスコアメモ>
1回目  32
2回目  51
3回目  20

自己評:沈んで浮いて沈んでのぺースを頑なに死守。親の遺言か。守らんとたたられるんか。
5回平均値は落ちて10回平均値は地味に上がりました。あ、G-が皆無だったのは良い事です。
・・レベル低いとかこちとら百も承知だ。
あと、ようやくネキを考えてるので時間はかかるし疲れるけど、集中できるし内容が濃いです。
【地味にがんばりましょう】
スポンサーサイト

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。