ひさかたの

ひかりのどけき、というより風びゅーびゅーのさっむい土日、連チャンで撞いてきました。

土曜日はちまちま練習約4時間。やりすぎてちょっと腰にきました。としだもの。みつを。

日曜はちょこっと練習してから約1カ月ぶりのボーラード。

この日曜の台は転がりやすいラシャでしたが、台の高さとかポケット(多分大きめ)とかの好条件のせいか、全般的に撞きやすくて快適でした( ・ω・)ノ

休日らしく周りの台もほぼ全部埋まってて、撞くたびに後方確認は欠かせませんでしたし、隣台の太った男性がデートか何か知らんけどはしゃいでて声がでかくていちいち入った入らん宣言がうるさいとかそういう事はおいといて、3回やった中でも2・3回目の集中度合いが自分でも気持ちいい程で、球と台しか見えなくてスコア忘れる程でした。

つか実際3回目のラスト、入れる事に集中し過ぎて何点か付け忘れてました( ;´Д`)

以前元プロにボーラードいちいちメモしないとだめなんだ?とか聞かれましたが、元々数字に弱いので1フレーム記憶すらままなりません。1投目、2投目といちいちメモしに戻ってます。だってすぐ「あれ?今のって2投目だっけ?まだ1投目だっけ?」ってなるし。

数字記憶苦手。あと人の顔覚えるのも。越してきて3年目、今だにご近所さんが識別できてません。脱線した。


ブレイク失敗してものすごい塊魂(訳:クラスター)ができたのに、一つ一つ落としてそれを分解していく時の快感。逆ジグソーパズルみたいな感じでありゃ絶対脳に何か快楽物質出てますね。

他にも自分でも「うわっ すごっ うまっ 自分(゚Д゚ )」と思えるショットがかなり出て、大層楽しゅうございました。あ、ボーラードの話ね。脱線して戻り切れてないけど。


最近カープの応援で忙しくてビリヤードに時間割けてませんでしたが、やりゃあ楽しいんだよね。連休はちょっと本腰入れようかな。


********************
<ボーラードスコアメモ>
1回目  40
2回目  49
3回目  57

自己評:何となく復調。まだまだいけた気はするがまぁ焦る事もない。

【(このまま)がんばりましょう】
スポンサーサイト

スピードプール

今月からカープ戦目当てにスカパーに加入したので、唯一の玉番組スカイ・A sports+の「ビリヤードウェーブ」を早速録画してるんですが、昨晩何の気なしにCSの番組表を見てたら「ビリヤード」の文字が!

J sports ESPNでも時々思い出したように放送してるとは(人´∀`)

即録画してちょこっと最初だけ観たんですが、【ビリヤード 2008 インターナショナル スピード プール チャレンジ】~セミファイナル#1 と言う事で、わたくし初めてスピードプールと言うものを知りました。


試合は試合でも、会場はなんだか和やかかつカジュアルな感じで、観客が拍手したり「Oh yeah!」言うたり賑やかな中、プロが一人ちょこちょこ台の周りをせわしなく動いて撞いてます。

ルールは一人8ボールのようで、基本フリーボール、ラスト1個だけがコールショットで、ブレイクから全部取り切るまでの時間を競うという、落ち着きとか風格一切無しのアメリカらしい、でも見てて面白いスピード競技です。

あせる余り連続で外しまくって「ああんもう!ヽ(;´Д`)ノ」になってるプロとか、1個1個着実に落としていってタイムが1分台のすごいプロが居て、その二人ともが小太りの見た目ゴツイおっさんだったので、そんな人達が必死に汗かいて台の周りを走ってちょこちょこ撞いてる姿はかなり面白かったです。格好の付けようがない。

素早い判断力とシュート力と走れる足(笑)が要求されますが、エキシビジョンっぽくてなかなか楽しいですね。でもこれ上級者限定か玉数減らすとかしないと、全然入らなくてイライラしてミス連発してキーッとなって、某プロのようにキューをへし折りたくなるのでは。

通常はきちんと考えて脳内シミュレーションしてからゆっくり撞きたいものですが、たまにはこういうのも気分が変わって楽しいかも。そう、楽しいビリヤードですよ。

まっつぐ

玉撞き始めて約2年になろうとしてますが、未だにまっつぐ撞けません。

<テスト>
手玉はフットスポット、的玉を反対側の遠い方のクッションにぴったりくっつけて、手玉~的玉を縦一直線上に並べます。

普通の力でまっすぐ撞きます。

高確率で右斜め前にばいーんと跳ね返ってきます( ;´Д`)

つまりまっすぐのつもりが実は斜め、右目に撞いてると。まぁしんどいロングショットでしかも89°でも91°でもなくきっちりど真ん中90°じゃないと大概右か左かに跳ね返るので、超シビアな条件下でかなり難しいショットではありますが。

ポケットには左右の幅があるので、多少アバウトな狙いや撞き方でも球は入っちゃうんですが、アバウトはアバウトです。このアバウトさイコールシュートの不正確さです。

そこでレーザーポインタ付キューの出番です。嘘です(・∀・)

でもイメージとしてはちょうどレーザーのように、ポケット~的玉~手玉の狙いのラインは前後両方向に台を越え果てしなくどこまでもビーンと伸びていて、そのラインに沿ってすっとキューを出す感じです。そしてその線は細く精確に。

今は毛筆ぐらいの太くて粗い「だいたい」の線ですが、ここをぎゅぎゅっと絞っていって、目指すはレーザーポインタです。目に向けると失明の恐れありというおっとろしいアイツです((゜Д゜;))


ポイントや課題をメモしてきた球ノートが2冊目に突入したんですが、一冊目から振り返って読んでみると、その時必要だったけど今は必要じゃない情報や、今だからわかる事、そして数多くあり過ぎてこなしきれてない課題等を再確認。

来年振り返って読んで、その時にはまた違う見方ができていますように ( ゚ー゚)

ジプシー

或る所にジプシーキングスの事をクリスピーキングスと言い間違えた人がおったそうな。

・・・美味しそうじゃないか(*´∀`*)


あっちこっちそっちどっちで相変わらずホームを定めずさ迷い撞きしてますが、昨日のお店の台はえらく高かった&ポケット狭し。

この台の高さは意外と重要で、低い分には構いませんが、ちょっと高めだと途端に構えにくく、撞きにくく感じます。たった数センチの差のはずなのにね。体って繊細。

しかし最近思うのが、いつもいつもいつも同じ店同じ台でするよりも、多少変化に慣れておいた方が基本アウェイでの試合なんかでも対応しやすいのかなー、なんて。出てませんけど偉そうに言ってみた。

ふらふらしてると、どこ行っても「どこかで撞いてはるんですか?」の問いに「いえ、特に決まって無いんですよーあっはっはー」と毎回歯切れ悪く返すのも軽くストレスではありますが(´д`;)

とりあえず、ミスしても台とか調子のせいにせず、ちゃんと撞けてない自分のせい、と潔く認めたいものです(´-ω-`)

(A級とかプロでもまさか自分がミスするはずがない、みたいな感じで、外した後にラシャとかクッションとかポケットとかチェックして文句言うのを見かけますが・・・)

言い訳太郎カコワルイ( ・ω・)


前半一人で練習、後半相撞きしてたんですが、練習中に隣のテーブルに来たカップルさんがこっち見てひそひそ「めっちゃうまい」とか言ってたの聞こえました。

・・もっと言って!(;´Д`)

ただでさえ自分のショボさ&上達の遅さ加減に凹んでるんだからぁ (つД`)

世間には山ほど私より上手い人いるけど、偏った評価で全然良いから褒めてー!(必死)

褒められないと伸びない殿様タイプではないですが、それでもたまには褒められたい女心(違


********************
<ボーラードスコアメモ>
1回目  37
2回目  43

自己評:記念すべき200回目は37点と至極つまんない平均点でした。ただし台がほぼ毎回違うので、スコア=実力値ではないかもだけど。まぁ一時激増したG-が減ってきたのは良い事です。現段階で今年の平均ちょうど40点。先はまだまだ長いです。まぁ死ぬまでの暇つぶし、数十年計画でゆっくりとね。

【がんばりましょう】

 BLOG TOP