わんれんぼでぃこん

閉店するから持ってって~と言う事でアメリカンで貰ってきた試合のビデオ、まず1本目。


1998年にディスニーワールド(!)でやってたUltimate 9-Ball Challenge。

女子の決勝はジェニファー・チェンVSアリソン・フィッシャーでした。
流石に11年前、ジェニファーの眉型や口紅の色に時代を感じます(ノ∀`)

この日のジェニファーは長い黒髪ワンレン(笑)で、ノースリーブのぴたっとした黒の上下。いかにもザ・ビリヤードプレーヤーって感じでカッコヨイです。ちょっとルーシー・リューっぽい。

対するアリソンは白シャツに紫のベスト、黒パンツとややおばさん臭い格好。いやでもこの方昔はすごい美人だったのではないかと(フォロー)

日本語解説のもにゃもにゃ関西弁でしゃべる高橋Pと、爽やかに辛辣な言葉を吐く実況アナとのやり取りがまたコミカルです。
高橋P「ジェニファーに何か話しかけられても英語だからわかんないんすよー」
アナ「じゃあこの方(違う男子プロ)とは仲良いんですか?」
高橋P「いや、この人も優しい英語で話しかけてくれるんですけどねー・・」
アナ「なるほど、英語ができないからコミュニケーションが取れない、と」
みたいな感じで高橋Pがざっくり斬られてます(;・∀・)

テレビ用に30秒ルールが適用されていて、「あと10秒」の声が聞きとれないと審判に文句つけるジェニファーとか、審判のファウルコールに猛然といちゃも、いえ抗議して見事無効にするジェニファーとか、優勝して「うっしゃー!」と漢らしくガッツポーズを取るジェニファーとか、とにかくジェニファーさんの鋼ぶりに感心しました。つええぇ(゚Д゚;)

やっぱりプロのプレーは見てるだけで勉強になるし面白いですね。何だか自分まで上手くなったような錯覚を覚えます。

そして如何に簡単になるように次に繋ぐか。ほいほいと取り切るために。ほいほい。


********************
<ボーラードスコアメモ>
1回目  44
2回目  53
3回目  51

自己評:いいイメージのおかげか調子はやや上向き。Gショック(G-)が出なかったのも大変よろしい。

【(このまま)がんばりましょう】
スポンサーサイト

初ハウスのお慶びを申し上げます

嫌だ嫌だと避けてましたが、最後だし出ませんか?のお誘いに負け、ハウストーナメント初参加@アメリカンクラブ。限定とかラストとかプレミアに弱いです。じゃがポックルとかカヲル君とかな。

道が渋滞してたので手前で車降りて重たいキューケース抱えてミナミの人混みをすり抜け店までダッシュする事約5分。ぎりぎり集合5分前に到着。と思ったら試合開始はそれから20分後でした。走り損かい。


で、あの、参加者5~60人位いるんですが(;・∀・)

Cが十数名って事はあと全部BかAかSAさん (((( ;゚д゚)))

練習しているみんなが上手く見えるううぅヽ(;´Д`)ノ

女性も1割程居たように思います。おっちゃんらが「女性結構おるな。華やかでええな」と言ってるのが聞こえました。だよねー(ノ´∀`*)

予選はダブルエリミネーション(イルミネーションではない)、つまり敗者復活ありで、Cが2セット、Bが3セット、Aが4セット先取で勝ちのルール。


運営さんの挨拶の後、無情に響くマイクの呼び出し

「なんとかさん A、なんとかさん C、 1番テーブルです・・」

(呼ばれませんように呼ばれませんように呼ばれませんように!)

「なんとかさん A、なんとかさん C、 9番テーブルです・・」

(A対Cばっかりやん。どうか呼ばれませんように呼ばれませんように呼ばれませんように!・・ってあれ、この分だと1巡目は呼ばれないかな?)

「なんとかさん B、たまえさん(仮名) C、 ○番テーブルです」

ギャーーーーーー (゚Д゚;)


ドナドナな感じで見えない荷馬車に引かれ、すごすごとテーブルへ。

相手は慣れた感じでボードに運営表を貼り付け、さっさとバンキングの準備。

既に脳が忘れたがってるのか記憶があやふやですが、確か微妙な差で負けてラック係。

<知らなかったことその1>
壁に置いてるラックシート使っても良かったんですね(;´Д`) 途中まで必死で手組みしてました。

ラックする手も震えます。

しかし初戦で相手も緊張していたのか、圧倒的に負け負けでも無く、お互い凡ミスのラリー。

でも結果は1-3で負け(´・ω・`)

またこの1勝は全然狙ってなかったコンビで9が入ってしまったというフロックでした。すんまそん。

残念だったのが、最終セットでわりと簡単なフリのある9番を外してしまった事。これ沈めてたら勝ちだったのにぃ。とたられば話。

やはり試合では普段の何分の一の力しか出せませんでした。緊張とか周りの視線とか知らない人と撞くプレッシャーとか諸々ね。

でも思ったよりキューは出せたのと、必死こいて今まで受けたアドバイスを呪文のように繰り返してたせいか、がちがちに緊張している割には体はそう硬くならず、あせって撞く事もなく、自分でもナイス!と思うショットもいくつか出せました。いや負けは負けですが(´Д⊂

<知らなかったことその2>
運営表の横に自分のスコアの数だけマグネット置くこと。相手さんが私の分も置いてくれて初めて気付きました。色々知らなくて済みませんm( __ __ )m


そして一息ついて敗者復活戦。またまた相手はB級でしたが、この人Aじゃねの?なんで敗者にいるの?って位上手いBさんで、入れる入れる。出す出す。

あ、もう無理 (´・ω・`) そしてそう思った時点で終わりですね。


そしてその時がやってきた。

圧倒され、また観客席に近いテーブルだったので注がれる視線により一層緊張していたのか、2セット目に組んだ私のラックが不完全で、つかラックシート使ったんですがどうも玉が小さめだったのか数ミリ空いてしまってたようで、相手のブレイクでどーん!と言う音がした後、テーブルにはきれーにひし形の塊4個とそれを囲むように玉がぱらぱら仲良く残ってました。そして手玉場外。

ギャーーーーーー (゚Д゚;) (2回目)

<知らなかったことその3>
ラックはちゃーんとチェックしましょう。例え気が動転していても。

相手の「あっ」って言う顔と、周りの「あーあ」の空気に心底穴があったら飛び込んで上からコンクリ流して固めてしまいたい気持ちになりました。(´;ω;`)

済みません済みません済みません(口に出して謝ったのは一回)、ラックすらちゃんとできなくて済みませんと動揺し、申し訳ない気持ちでいっぱいになり、頭の中はああごめんなさいごめんなさい一色で、その後は一つも玉入らず、0-3でストレート負け。

糸冬 了。 


会場に6時入りして出て来たのが10時。その時点でまだまだ2~3時間はかかりそうでしたから、きっと優勝者は賞金をタク代に充てたのでは。つか半日がかりて。人数多かったからねぇ。運営も参加者も大変お疲れ様でした。

そして今週末で閉店のアメリカンクラブ、2年弱の間、月イチペース以下でしたが、ありがとうございました。大変お世話になりましたm( __ __ )m


後日人に初ハウスの経験をあらいざらい話すと、「楽しかったみたいねー」とか言われ、えええとびっくりしましたが、でも確かに日常でめったにあんな緊張する事はないし、初ハウスが店のラストハウスというなんだかよくわからない記念の貴重な体験になりました。

出てみてわかったこと。恥はかき捨て御免、で、「死ぬわけじゃなし」という事。これ頭で分かっていても実際に出ないと納得できません。

また次ちょろっとBC戦探して出てみちゃったりなんかしちゃったりしようかななんて調子こいてます。懲りてませんヽ(゚∀゚)ノ

というか、今年の8月の公式戦デビューが若干現実味を帯びてきたので、まずはちょっとハウスでも何でも試合というものをもっと経験して、マナーだのルールだの雰囲気だのに慣れて行かないとね。

じゃないとまたへぼへぼラックで相手にご迷惑をおかけしたり云々。。もうしません(゜´Д`゜)

それとあんなにバンクショット必要な場面が多いとは。全然練習してなくて、またクッションも台によって違うから、とはいえ試合で試みて全滅だったのが悔しかったので、ちょい本腰入れてこれも練習します(`・ω・´)

次はおにゃのことも対戦してみたいな(*´ω`*) 

おんなのこカップ、大阪でもあればいいのにね。

********************
<ボーラードスコアメモ>
1回目  38

自己評:ラックとスコア人任せのボーラードを一回だけ。あーこりゃ楽だ。でも視線が気になるっちゃ気になります。見ないで―。ラックの間隔短くてごめんてー。

【がんばりましょう】

ホーム

まだありませんヽ(´ー`)ノ

未だに理想の球屋を求めてあっちこっちでふらふら撞いてます。

そういや難波の老舗アメリカンが来週閉店だそうでびっくりです。

十数回位しか(あれ、結構行ってるな)行ってないけど、レトロでおっちゃんだらけで昔ながらの玉屋がなくなっちゃうのは寂しいですね(´・ω・`)

アメリカンがホームの方々はまた新たな止まり木探しするんでしょうか。

※09/02/18追記。店じまいは今月いっぱいまでに延ばすそうです。まぁ1週間しか違いませんが。

********************
<ボーラードスコアメモ>
1回目  40
2回目  48
3回目  34
4回目  31

自己評:五回平均40.4。やっぱ長時間続けると集中が切れやすくなってスコアは下がります。3回目でげげーんとなって悔しいのでもう1回やったら更にげげーんな結果。ありがちありがち。
【がんばりましょう】

左曲りのダンディー

ずっと右撞きの癖があると自覚してました。

自分ではビシッと中心のつもりでも、ちょい右撞いてる。

なので


<ポケット>
   ↑
   的




こういうのよく外す (´-ω-`)


<ポケット>
   ↑
   的


      手

逆は得意 (゜∀゜)


これ、直しようがない癖だと思ってましたら、意外な原因の指摘が。

私の左肩は右肩より常に下がってて、重心が左に寄ってるようです。

正面から歩く姿を見ると左足着地時がやや長く、左肩も下がってる。

多分左右の脚を比べると左が若干短くなってるはず。

左に傾いてるからと言って左を撞く訳ではなく、その傾いたままの姿勢からまっすぐ出してるつもりのキューが無意識の調整で斜め右前に出て、結果として右を撞いてしまう、という現象だったようです。


と言う事で、左肩が下がらぬよう、体が左に傾かぬよう気をつけて、ラインのきっちり正面向いてと立ち位置意識するとあら不思議、

長短変えつつのセンターショット13球連続入りましたヽ(´ー`)ノ

ほんとは1ラッククリアしたかったけど、プレッシャーに負けました(´Д⊂


普段の行動で、なるべく左右対称を心がけてると、骨はおろか内臓への負担も偏らなくなるので良いそうです。

整体も行くと良いかも知れんが、またその後の生活で足組んだりかばん片方にばっか掛けたり、片側の顎で噛んだり、まぁとにかくアンバランスな事をしてると逆戻りです。気を付けような、自分(`・ω・´)


以上、今日の健康「体のゆがみ」でした。次回のテーマは「ビリヤードと腰痛」です。嘘です。


********************
<ボーラードスコアメモ>
1回目  55
2回目  49

自己評:ふむ。わりと良さげ?安定したブレイクと撞く前の熟慮と立ち位置意識と丁寧さがポインツですな。すぐ忘れるけど。とにかく構えるまでが遠足です。あとは神の御心のままに川の流れのように。失敗する時は何かチェック忘れてる時です。

【(このまま)がんばりましょう】

 BLOG TOP